半ニートブログ

最低限の収入で生き永らえながら、人生の不安と向き合うブログです

スパイダーマンのMCU離脱報道について

ほげぴよです。

朝起きて軽くネットサーフィンをしていると目を疑うような見出しを見つけてしまいました。

 

(記事内にファー・フロム・ホームのネタバレもあります。気になる方は見ないようにしてください。)

 

それはスパイダーマンがMCUから離脱するとのことでした。

最近ファー・フロム・ホームが公開されたばかりなのに何故!?ととても気になってしまい情報を集めることにしました。

 

情報を集めている内に版権の関係で現在ディズニーと提携しているソニーから声明があり、スパイダーマンがMCUから離脱するという部分には触れなかったものの、MCU全体を統括しているプロデューサーのケヴィン・ファイギがファー・フロム・ホーム以降のスパイダーマンから離脱することを認めていました。

 

ちなみにこの離脱に関してはソニーがクビにしたわけではなくディズニー側の判断だそうです。

 

プロデューサー離脱の時点で実質的にMCUから離脱したようなものだと思いますがあくまでスパイダーマンのMCU離脱に関してはまだ声明が出ていないのでもう少し静観しようと思います。

 

ところでSNS等では当然ながらMCUファンが大荒れで(特に本国アメリカ)、ソニーへの抗議や署名活動が行われていたり、ホークアイ役の俳優がソニーへの批判を行って話題になっていたりします。

 

世間ではすっかり悪者になったソニーですが冷静に考えてみると今回の報道が正しければむしろ悪いのはディズニーなんじゃないか?と私は思うのです。

別にソニーが特別好きな訳でもありませんが今回の騒動に関してはソニーは悪くないと思います。(まあ私がディズニーには多少悪印象を持っているのは認めます。)

 

では何故私が何を根拠にソニーを擁護するのか?その理由を示していきたいと思います。

 

 

1.ディズニーの要求がめちゃくちゃ

とりあえず検索して一番上に表示された記事を貼っておきます。

www.cinematoday.jp

Deadlineによると、ここ数か月間、マーベル・スタジオの親会社であるディズニーと、ソニーのトップがスパイダーマン映画に関する契約更新について話し合っていたが、金銭面で交渉が決裂してしまったという。ディズニーは今後のスパイダーマン映画は50/50の共同出資にすることを希望したほか(収益も半々)、その契約はスパイダーマンユニバースの他の作品にも及びうるという話し合いをもったが、ソニーはこれを断固拒否。ソニーは自社最大のフランチャイズの半分をディズニーに渡すつもりはないし、ディズニーも現在の契約(マーベルがスパイダーマン映画の興行収入の約5%を受け取る)に甘んじるつもりはないということで、話し合いは暗礁に乗り上げてしまったのだそう。

  記事のこの部分に注目して頂きたいのですが、始めは私もMCUのスパイダーマン映画の製作費を半分出資するから収益も半分分けて欲しいという言い分にはまだ納得できていました。マーベルのプロデューサーも世界設定に大きく貢献しているわけですからね。(まこれまでのMCUスパイダーマンの製作費が全額ソニー負担だったことも初めて知って驚いたわけですが)

 

しかし記事にも書いてある通りこの契約はソニーが単独で制作して成功したヴェノムやスパイダーバースにも当てはめると書いてあります。これは全く理解できませんでした。

いくら製作費を出資するからと言っても収益が大幅に上回れば結果的にディズニーが得をするわけでして。ソニー側からすれば自分たちが出資したフランチャイズが成功したのをいいことに擦り寄ってきたと思ってもおかしくありません。

 

2.過去にNetflixのマーベル作品が打ち切りになった事実がある

かつてNetfilxではオリジナルのマーベル作品が制作されていました。それがある時期から軒並み打ち切りとなっていったのです。

もちろん作品の出来が悪く打ち切りとなった作品も存在しますがデアデビル等は視聴者からの評価が高かったにも関わらず打ち切りとなってしまいました。

 

 

噂ではディズニーがDisney+という自社ストリーミングサービスを行うため強制的に撤退させたというものがありますが本当のところは詳しく調べていないのでわかりません。

 

今回の契約騒動もDisney+がらみなのではないか?と思うところがないわけではありません。

 

3.そもそもスパイダーマン自体アベンジャーズとの関わりが薄い

スパイダーマンは当初参入が絶望的と思われていたのかMCUに組み込まれたのがかなり後だった上に他のヒーロー達とは違い積極的に関わることがありませんでした。

(初登場はシビルウォーですがあくまでゲスト参戦のような立ち位置)

 

唯一深く関わっているヒーローと言えばアイアンマンですが、ホームカミングラストでは彼のアベンジャーズ勧誘を断ったのであくまで単独作品としても成立する内容に留まっていました。そしてそのアイアンマンもエンドゲームで死んでしまったのでますます他作品との関わりが薄くなっています。

 

エンドゲーム後の世界を描いたファー・フロム・ホームも5年の歳月は冒頭で少し触れるだけかつ主要メンバーは全員消滅組、マルチバースは結局ミステリオの嘘、他のヒーローがスパイダーマンの助太刀に来れない理由を観客に納得させるための設定など、MCUの醍醐味であるクロスオーバーを悉く殺すような描写に単独作として作った方がよかったのではないのか?という作品でした。

 

一応ラストでミステリオの捏造映像でスパイダーマン=ピーター・パーカーということが全世界にバレてしまいますが、これも単独作として十分成立するシナリオですので仮に今後ソニー単独で作ってもそこまで違和感がないのでは?と思ってしまいました。(強いていえばトニーの形見眼鏡とハッピーとの絡みが無くなってしまうことでしょうか…?)

 

散々書きましたがファー・フロム・ホーム自体は楽しみましたよ!マルチバースが嘘だったことはガッカリしましたが…

 

まとめ

 今後どうなってしまうのかは誰にもわからないと思いますが個人的に主演のトム・ホランドやジョン・ワッツ監督の続投をソニーが希望しているので仮にMCUから離脱することになっても最終的にはそこまで影響はないんじゃないかな~とは思ってます。

 

私自身熱心なMCUファンではないので温度差があることは承知していますが…。

 

しかし今回の抗議には批判を覚悟で苦言を呈したいです。

彼らは本当に情報を集めてディズニーが正しいと判断して抗議しているのでしょうか?

ただソニー批判の発言だけを鵜呑みにして乗っかっただけではないのでしょうか? 

 

私は以前から一部のMCUファンの攻撃的な態度には辟易していました。

少しでも批判的な感想があった場合、袋叩き、人格否定が当然のように散見していました。某映画を酷く中傷した漫画家のツイートも話題になっていましたね。

 

大好きな作品を貶められたり見当違いな言いがかりに腹が立つのは私もよくわかりますが、明らかな中傷でなければあくまで感想に対して反論するに止め人格否定はするべきではないと思います。

 

仮にソニーが正しかった場合彼らはキチンと謝罪するのでしょうか?まあこういった場合有耶無耶にするケースになりそうですが……

 

と、散々書いた後にこんなことを書くのもあれですが、

 

ファー・フロム・ホームでミステリオが情報を鵜呑みにするのは危険だと作中でしっかり伝えていましたね。