半ニートブログ

最低限の収入で生き永らえながら、人生の不安と向き合うブログです

時が経つのが早すぎる

ほげぴよです。

ニート時代でも時折思うことがありましたが、最近はより1日の流れが早く感じます。

 

無駄に長く感じるのもそれはそれで苦痛なのですが、時が経つのが早いと今の私の状況はかなり不安定な状態なので「本当にこのままでいいのだろうか」、「いつまでこうしている猶予が残されているのだろうか」、と軽く考えてしまい気分が落ち込みます。

 

まあ、考えるだけで行動を中々起こせない自分が悪いという結論にたどり着いて更に自己嫌悪に陥るだけなんですけど……

 

完全に時間の無駄ですね。

 

自殺はいけないって風潮ですが、(肯定してしまえば国の経済が成り立たなくなってしまうため当然かもしれません)私のような人間にとって自殺と言う選択肢が残されていることは精神衛生的に結構良いんですよね。

 

いざとなれば自殺して逃げ出せる……と思うとモチベーションの向上や多少大胆な行動を取りやすくなりませんか?

 

環境の大きな変化が恐ろしいことは人間である以上誰もが少なからずはもっていると思いますが、仮に選択した結果リスクを背負ったとしても死んでこの世からおさらばすることができるんです。

 

もし寿命を全うするまでは外傷等では死ねない、という世界でしたら私は発狂していたと思います。

 

話が逸れてしまいましたが、「自殺できる」という思考は今の私の精神を少なからず安定させてくれています。

 

後ろ向きな考え方かもしれませんが時間の流れの恐ろしさにこれで耐えていこうと思います。