半ニートブログ

最低限の収入で生き永らえながら、人生の不安と向き合うブログです

バーチャルコンソールの今後

ほげぴよです。

いつものようにネットサーフィンをしていたらこんな記事をみつけました。

 

www.gamebusiness.jp

 

なんとニンテンドースイッチではバーチャルコンソールが展開されないそうです。

来ると思って楽しみに待っていただけに辛いニュースでした。

 

今年後半から開始される「Nintendo Switch Online」で配信のファミコンタイトルはオンライン要素などが追加されるようですが、ファミコンであることを強調しているので、それ以外のハードのソフトに関しては配信される可能性が非常に低いです。

 

 

何故任天堂はバーチャルコンソールを開始しないのか?

ニンテンドースイッチは持ち運び可能な据え置き機です。本体との通信距離を考慮せずに好きな場所で遊ぶことができるというのはWiiUのゲームパッドを発展させた素晴らしいコンセプトだと思います。

 

過去の名作を場所を選ばずいつでも遊べるというのはこれまで以上にバーチャルコンソールへ適したハードだと個人的には思いますが、現在でも配信されない理由を自分なりにいくつか考えてみました。

 

移植の手間

過去のハードとは仕様が違うので当然移植の手間がかかります。

Wii→WiiUで同一タイトルが配信された時優待価格になっていたとはいえ買い直しになっていました。

 

ゲーム内容が同じであるだけで買い直しになることは移植の手間を考えるとおかしくありませんが、ユーザーの立場だとプログラムの手間は想像しづらく同じタイトルをもう一度買わなければいけないのは印象が悪くなってしまっても仕方ない部分でもあります。

 

手間がかかるが割に合わないという理由は十分考えられますね。

 

ファミコンミニなどのグッズを売りたい

最近の任天堂は過去のハードを模した手のひらサイズの商品に数十タイトルを収録した本体を売る商法を行っています。

 

いくつか欲しいソフトが入っていればセットで買ってもらえるので利益が出る、当時を懐かしみたい人の購買意欲をそそるなど、タイトルを単体で配信するより旨味が大きそうです。

 

また、本体も移植を前提とした構成にできるので現行ハードへ移植するよりいくらか手間が軽減されるから、という理由もあるかも知れませんね。

 

盛り上がっているインディータイトルに水を差すから

スイッチは良質なインディーゲームが存在感を放っており、市場が盛り上がっています。

この流れでバーチャルコンソールを投入することは勢いを削ぐ可能性があるとの意見をそこそこ目にします。

 

ですがこの意見に関しては同意できません。ユーザーは面白く感じたものを買うだけでバーチャルコンソールが必ず優先されるという確証はないからです。

 

問題を解決するためには

とは言っても私のように過去のタイトルを遊びたいユーザーからすると納得はできませんし、〇〇ミニ系は持ち運びができないので不便です。

 

エミュレーターという選択肢もありますが、合法ですが非公式な上、ROMの吸出しなど一般ユーザーにはハードルが高くなってしまいます。

 

今のところ実現できそうな解決方法は

・〇〇ミニにソフトを追加できるようにする

・スイッチにタイトル毎にいくつか詰め合わせたコレクション的なソフトを出す

 

くらいですかね。1つ目は持ち運びができませんが……

 

せめて一度も配信されていないゲームキューブだけはバーチャルコンソールを行ってほしいですが……おそらくないでしょうね。