半ニートブログ

最低限の収入で生き永らえながら、人生の不安と向き合うブログです

ピープルVSジョージ・ルーカス スターウォーズファンの凄まじい熱さを感じられる作品

どうも、ほげぴよです。

最近スターウォーズ旧三部作を鑑賞したのでスターウォーズの関連作品を色々と調べていました。

 

するとピープルVSジョージ・ルーカスという興味深い作品が目に留まりました。

 

この作品は、世界中のコアなスターウォーズファンが作品への愛や不満をぶち撒けるドキュメンタリーという(ある意味)凄い内容です。

 

長寿作品にありがちなファン同士による対立や作風がファンの求めている内容から離れていったりと言った問題は世界中のどこでも同じようなことが起こっているんだな~と、是非見てみたいと思わせられ今回ようやく見ることが出来ました。

 

スターウォーズに限らず、何かのコアなファンなら共感できる話題が多く楽しめると思いますよ!ただ前提としてスターウォーズ本編を見ていないとファンが何へ不満を感じているのかいまいち伝わらないと思いますので先に本編を視聴することをおすすめします。ネタバレもバンバン出てきますからね。(とは言っても新三部作ですら十年前ほどの作品ですが……)

 

 

名作「スター・ウォーズ」の誕生

序盤はジョージ・ルーカスの簡単な経歴とスター・ウォーズ旧三部作が大ヒットして世界中にファンが誕生するエピソードが紹介されます。

 

後年の作品にも多大な影響を与え、ファンメイドの作品も大量に制作されます。

おもちゃも大量に売れ、当時かなりの盛り上がりだったことは想像に難くありません。

 

この時は皆がルーカスを称賛し、たちまち名監督へ出世します。

 

雲行きが怪しくなる特別編

時は流れ、ルーカスは「スター・ウォーズ特別編」を制作します。

フィルムはデジタル化され綺麗になり、当時予算などの都合で実現できなかったシーンをCGで追加するなど、数十、数百年後でも楽しめるスター・ウォーズの完全版となり、再び世界中が熱狂するはずでした。

 

しかし、高画質化だけならともかく追加されたシーンや変更された部分の一部を受け入れられないファンも出てきました。

 

一例として、オリジナルでは先にグリードを撃ったハン・ソロのシーンを特別編ではグリードが先に発砲した光線をかわし、撃つシーンに差し替わったこと、エピソード4のオリジナルでは技術的な都合で人間のままだったジャバ・ザ・ハットのシーンをCGで差し替え、ソロがジャバの後ろを歩いていたのでシーンを自然に見せるためソロがジャバの尻尾を踏み、ジャバがリアクションをとる演出が付け加えられたことが特に有名だと思います。

 

何が問題かというと、ファン曰く前者はソロのアウトローな一面を改変され印象が変わってしまった、後者はコミカルなリアクションがジャバのイメージを損なう不必要な演出とのことです。

 

個人的にジャバに関してはエピソード6でレイア姫に絞殺される(怪力!)というあっけない最期を迎えますのでそこまで気になりませんが、グリードのシーンに関しては確かに正当防衛で撃ったという印象を感じてしまいます。

 

ソロは悪人アピールしているもののエピソード5では戻らないルークを心配して単身吹雪の中捜索しに出かけるほど仲間に関しては激甘なキャラですが、それはルーク達に出会い感化されてからの話であって、この時点では単なる密輸業者としか判断材料が提示されてないんですよね。ですのでファンの不満にも共感できる部分があります。

 

色々と書きましたがあくまで特別編だから気に入らなければオリジナルを見ればいいと思う人もいるかもしれません。

確かにそうです。特別編と一緒にオリジナル版も同梱していれば殆どは解決できる問題なんです。

 

そしてこれだけ不満が噴出している最大の理由はルーカスがオリジナル版を存在しないものとして扱ってしまったからなんです。

 

確かに不完全なバージョンを公開し続けることはクリエイターとしては不本意でしょう。その気持ちはよくわかります。

 

ただし彼の酷いところはモノクロ映画をカラー化する運動が起こった時オリジナルを尊重すべきと表明しているところにあります。ファンはこの発言を取り上げダブルスタンダードと非難します。

正直この点に関しては完全にファンへ同意しざるを得ません。ディスク数枚追加するだけでいいんですからね。

 

ルーカス側はオリジナルフィルムに手を加えたからオリジナル版は存在しないと主張しますが、真意は未だにわかりません。

とはいえ、バックアップを取らないとは中々考えられないのでおそらく残っているでしょう。

 

 こうしてスター・ウォーズ特別編は追加要素による功績ももちろんありますが、少なからずわだかまりが残る作品となってしまいました。

 

大勢のファンをダークサイドに堕としたエピソード1

先に書いておくと私は話自体は大まかに知っていますが、エピソード1自体は観賞していないので共感できる立場になく、この話は触れるか迷いました。が、今作一の盛り上がり部分なので触れることにします。

(見出しは今作のファンの反応を見て感じた印象なのであしからず)

 

数十年振りに新作が決定したスター・ウォーズ。しかもあのダース・ベイダーがダークサイドに堕ちるまでの3部作と聞かされたからにはファンとしては否が応でも期待せざるを得なかったと思います。

 

 特別編では一悶着あったとはいえ、やはり世界中が盛り上がります。本場アメリカではなんと予告編の数分を見るためだけに映画館へ足を運ぶファンの光景が見られ、当時の熱気は凄まじいものだったと推測できます。

 

そしてついに公開当日、ファンは面白いに決まってる!などと期待に満ち溢れたコメントを残しており、ルーカス自身も久しぶりにスターウォーズを作ると制作意欲を感じられる発言をするなど、後は観賞後に大絶賛される結果に……なるはずでした。

 

待望のエピソード1は残念ながらファンにとっては楽しめない出来だったようです。

インタビューでは怒りではなくただただ困惑した様子で「もう一度観て判断してくる」といったコメントや、「何度見ても楽しめないから妥協点を探る」など悲痛な感想に溢れていました。

怒るわけでもなく悲しみに暮れるファン達。誰も悪くないというのが余計にたちが悪く、作品とファンの望んでいたものが違っていたという悲劇です。

 

時間が経ち、ファンは段々エピソード1の出来に腹が立ってきます。

ジャー・ジャー・ビンクスという不快なキャラ、ミディ=クロリアンによるフォースの神秘性の崩壊がよく槍玉に挙げられます。

 

ジャー・ジャー・ビンクスについては本編未観賞により割愛しますが(あまりにもの嫌われっぷりに思わず笑ってしまいます)、ミディ=クロリアンに関してはあえてぼかしたままにして欲しかったと私も思います。

 

スペースオペラでは抽象的なままより詳細な設定の方が好まれやすそうなものですが、スター・ウォーズは意外とファンタジー色が強い印象なのですかね。

こうして散々な結果となってしまったエピソード1でしたが、もちろん評価する人もいました。

特にジャー・ジャー・ビンクスはルーカスの狙い通り子供には評判が良く、発達したCG映像や派手になったライトーセーバーの殺陣など、新三部作は新規ファン獲得に成功しています。

 

 それでもファンをやめられない

特別編の改変や新三部作の出来によっていつしか称賛していたルーカスを批判するファンも多数出てしまいます。

 

そこそこのファンなら「嫌なら見るな」(この言葉自体はあまり好きではありませんが)と思うかもしれませんが無理な話です。

 

ブツブツ文句をいうファンは面倒くさいと感じるかもしれませんが、彼らの中では既にスター・ウォーズは人生の一部となってしまっているのです。

 

ファンの「自分はまるでDV夫の妻のようだ」という自虐があまりにも秀逸で、これほどまでにピッタリな表現はないと思いました。

 

そして最後には何だかんだでルーカスのスターウォーズが観たい、とりあえずスターウォーズ3.5から作りませんかというユーモア溢れる歌が流れ、A New Hope?の題名に相応しい締めくくり方がされます。

 

と、この作品自体は希望に溢れた構成をしているのですが、今作上映の数年後ルーカスはルーカスフィルムをディズニーに売却してしまいます。

 

なので今観賞すると当時とは違い、もうルーカスのスター・ウォーズ新作は見られないう悲しい受け取り方になってしまいました。

 

総括

途中退屈な部分もあったものの、期待していたファン達の叫びは見ていて楽しく面白いドキュメンタリーでした。

そしてこの映像をおそらく許可したルーカスの懐の深さも凄いですね。

 

 ルーカスは後に、自分がエピソード7以降を手掛けた場合ミディ=クロリアンに焦点を当てた作品にしたと構想を語っています。

 

jp.ign.com

 

私はミディ=クロリアン否定派ですが、この構想が実現されないと思うと少し残念に思います。

そもそもエピソード1が批判されたのは数十年振りの新作という点も関係していると思います。間が空いたことでファンの中で三部作が神格化され、ハードルが上がってしまった気がします。

 

エピソード6の数年後に公開していたら同じ内容でもまだ少しは受け入れられていたかもしれません。

 

まあエピソード1を旧三部作のような冒険活劇にしていればエピソード4の焼き直しとそれはそれで批判されていたかもしれませんし(現にディズニー売却後の3部作が指摘されています)、良くも悪くも話題にはなりました。

 

結果論ですが、現在エピソード8の内容で炎上しているスター・ウォーズを見てどうせ炎上するならミディ=クロリアンの3部作の方が世界観が広がって良かったと個人的には思います。

 

しかし売却したことで日本でもスター・ウォーズグッズが活発になったこともあり、売却自体が間違いだったとは断言できません。

 

まさか過去最高の文章量になるとは思いもしませんでした。

自分ではそこそこ好き程度の立ち位置だと思っていましたが、私もいつの間にかスター・ウォーズの深みへハマっているのかもしれません。