半ニートブログ

最低限の収入で生き永らえながら、人生の不安と向き合うブログです

死にたい自分が自殺を躊躇している2つの原因

ほげぴよです。

私は自分が大嫌いですしこれまでの人生もほぼ後悔することばかりで何度も自殺したいと考えることもあります。こんなブログを立ち上げるほどですからね。

 

しかし私は現在も生き恥を晒しながらも生きています。

 

口では死にたいと呟くものの結局死を恐れて自殺する決心がつかない状態です。

情けない話ですけどね。

 

そんな現状の自分への嫌悪感を募らせていましたが、その時”死が怖い”と言っても死の具体的に何が怖いのか?という部分に疑問を抱きました。

 

そこで私が恐れる原因を自分なりに分析してみました。

 

自殺の決心がつかない2つの原因

・失敗時のリスク

いざ自殺に踏み切れたとしても100%成功するかどうかはわかりません。

方法によっても成功率は変わるでしょうし発見されるまでの時間でも変動するでしょう。

 

そして失敗してしまった場合に起こりえるのが、後遺症です。

 

最悪自分で死ぬこともできない身体になってしまった場合、残りの人生をこのまま過ごす羽目になるでしょうし、もう後戻りはできなくなります。

 

運良く後遺症がなかったとしてももう一度自殺をする覚悟が果たしてできるかどうかはわかりません。おそらく1度目よりはハードルが上がるのではないでしょうか。

 

自殺を決心した時点で失敗時のリスクも覚悟しなければいけないのでしょうが、私はこの覚悟が未だにできません。

 

・死後の自我

行ったことがないのでわかりませんが、例え死んだとしても天国や地獄はないと思いますし(そもそも脳が死んでいるのに自我を保っていることがおかしいのですが)、完全な無になるだけだと思います。

 

なので本来ならば恐れる必要など全くないと頭では理解していますが、本能的なのか死んだ後の自分がどうなるのかを考えると恐ろしくなります。

 

死んで現世から逃げたのにその先は死ぬこともできず永遠に何もない世界だったりしたら……と思うとやはり躊躇してしまいます。

 

総括

以上が私の恐れている2つの原因です。

逆に考えるとこの原因を解決すれば心置きなく死ぬ決心がつきそうです。

 

とは言っても自分ではおそらく一生かかっても解決できないものなのでやはりお酒の力などに頼り思考を低下させるしかなさそうですね。

 

自殺する前に急性アル中で死にそうですけど……