半ニートブログ

最低限の収入で生き永らえながら、人生の不安と向き合うブログです

暴君ハバネロ シゲキ盛がかなり辛くて満足した

ほげぴよです。

ついこの間お菓子コーナーを眺めていた時に辛くて有名な暴君ハバネロの新商品を目にしました。

 

その名も「暴君ハバネロ シゲキ盛り」です。

 

シゲキ盛りは通常のハバネロと違い、ハバネロ、わさび、黒コショウ、山椒の4つの辛み成分が凝縮されているようです。

しかも目安となる辛さレベルはなんと通常の2倍、レベル10だと言うのです。

 

辛いお菓子が好きな身としては気になったので買って確かめることにしました。 

 

最近のハバネロ

昔は数個食べただけで悶絶するほど辛かった暴君ハバネロ。

久しく食べてなかったのですが、去年あたりからまた購入するようになりました。

 

商品名を見てみると「帰ってきた 暴君ハバネロ」となっていました。

しばらく生産停止していたのでしょうか。

 

後に購入レビューを覗いてみると、「辛くなくなった」「物足りない」といった声をそこそこ見かけました。

 

私も”帰ってきた”を食べた時昔よりさほど辛みを感じることなく完食できましたが、それは自分が辛い食べ物に耐性ができたものだと思い込んでいました。

 

しかし辛くなくなったという感想が少なからず存在するということは、実際に辛さを抑えられてしまったのでしょう。そう考えると残念な気持ちになりました。

 

シゲキ盛りの気になる味

さて、そんな丸くなってしまったハバネロでしたが、シゲキ盛りはかつてのような辛さを味わわせてくれるのでしょうか?

 

気になる感想ですが、当初はいつもとそこまで変わらないかな?と思っていました。

 

しかし、飲み込んでしばらく経つと口の中がかなりピリピリしました。

 

正直食べたのがかなり昔なので旧ハバネロの辛さはおぼろげですが、それに負けず劣らずの辛さではないでしょうか。特にしばらく食べていると水分が欲しくなる部分が同じです。

 

少なくとも今のハバネロよりは辛いと断言できます。2倍の辛さレベルなだけはあると思いました。

 

辛さに関しては文句なしですが、味はわさびの風味が結構主張してくるので人によっては好みが分かれそうです。

 

総括

というわけで今のハバネロが物足りない方も満足できそうな商品がようやく登場しました。

 

余談ですが、暴君ハバネロの特徴としてその辛さが挙げられますが、私が気に入っているのは辛さと美味しさのバランスがとれている部分です。

 

以前この商品よりもはるかに辛いスナック(名前は忘れました)を食べてみましたがあまりの辛さに断念してしまいました。

 

断念した理由は辛すぎたのも原因ですが、スナックの味自体がそこまで美味しくなかったせいでもあります。

 

ハバネロが親しまれているのは美味しさにもこだわられているおかげかもしれませんね。