半ニートブログ

最低限の収入で生き永らえながら、人生の不安と向き合うブログです

たまに見かける紙魚(しみ)という虫

ほげぴよです。家で生活しているとたまにですが細長い虫に遭遇します。

意外とすばしっこく、潰すと銀色の粉のようなものを吹き出します。

 

昔はよくわからない虫だと思っていましたが、最近遭遇して気になったので調べてしました。その結果、紙魚(しみ)という虫だということが判明しました。

 

紙魚の特徴と対策

この虫は名前の通り紙や段ボールが好物です。繁殖力が高い上、寿命も7~8年生きるらしく、1年程度なら絶食状態でも活動可能と最悪な奴です。

 

対策としては段ボールや古本の処分、掃除をこまめにしなければいけないようです。

人間に直接害を与える虫ではないものの、虫嫌いの人だとほぼ確実に生理的嫌悪感を感じるフォルムをしているのでいないに越したことはないでしょう。

まあゴキブリと違って飛びかかってこないだけまだマシかもしれませんが……。

 

余談ですが、英語ではシルバーフィッシュと呼ばれているそうです。銀色で魚のように動くというそのままなネーミングですが。

マインクラフトをプレイされた方はモチーフそのものとして登場するのでご存知の方も多いと思います。

 

総括

というわけで虫嫌いにとっては非常に厄介な紙魚。掃除中にやたらと出てくる蜘蛛も苦手ですが、こいつは潰した跡も残るので処理が面倒です。

 

ミニマリストの方なら掃除も手早く済んで虫の発生しない快適な生活を送れそうですね。私の部屋は数年間放置している物置スペースがあるのでいざ片付けようとして虫が大量に出てきた時卒倒しそうなので怖くて中々手が付けられません。

 

周辺の物を片付ける作業から進めていくしかなさそうです。できれば防護服も欲しいなぁ……