半ニートブログ

最低限の収入で生き永らえながら、人生の不安と向き合うブログです

三国武将の正しい呼び方

ほげぴよです。

 

この前、コナンの昔のエピソードを視聴していました。そこで諸葛亮孔明というワードが出ていました。三国志を少し知っている人ならお分かりかと思いますが、この読み方は間違いなんですよね。

 

 

基本的には 姓+諱 又は 姓+字 で呼ぶ

 諸葛亮ならば、諸葛が姓(苗字)、亮が諱(いみな)(名前)、孔明が字(あざな)となります。

つまり諸葛亮か諸葛孔明が正しい呼び方です。

 

現代には字という文化がないので慣れるまでは混乱する部分もありますが、簡単に言えばもう1つ持っている名前のようなものです。ちなみに字は親がつける諱とは違い成人男子が自分でつけた名です。

 

一見面倒なだけの習慣と思われるかもしれませんが字が生まれたのには理由があります。

 

諱で呼ぶのは失礼にあたる

 昔の中国では主君や親など、特定の者以外が諱を呼ぶことは失礼でした。(諱は魂が宿る名前だから呼ぶとその人物の魂を支配してしまうとかそういう理由らしいです。間違っていたらすみません)しかしそれでは不便ですので代わりに字が存在するわけです。

(字も基本的には親しい者が呼ぶもので、官職(役職)に就いている人物は姓+官職名で呼ぶことが優先されたとか)

 

おわりに

というわけで、姓+諱+字で表記するのは名前を2回も書くようなもので間違った使い方なんです。

 

コナンは雑学をよく披露しているので呼び名のルールに関してはしっかりしてほしかったですね。(特に三国志マニアと言う設定の蘭が間違えるのは…)

 

たまに弓等の構え方のミスを指摘されている方を見かけますが何となく気持ちがわかった気がします。

 

話は変わりますが三國無双等のコーエーのゲームはこのあたりのルールもしっかり守られているので歴史ゲームの老舗だけはあると思いました。