半ニートブログ

最低限の収入で生き永らえながら、人生の不安と向き合うブログです

ネット上だと人は攻撃的になる

ほげぴよです。

 

ネット上では攻撃的な書き込みをよく目にします。たった1人の書き込みから不毛な争いがよく起こったりします。大体は以外と大したことのない話題が発端だったりするのでついつい仲裁の書き込みをしたくなりますが私はネット上でも臆病なので未だに書き込んだことがありません。

 

 逆に即座に反論したりする人は凄いですね。衝動的に書き込むと集中攻撃を受けたりする可能性もあるのに怖くないのでしょうか?

 

話が逸れましたがこういった書き込みを見ると少なからず不愉快な気分になるんですよね。とはいえ自分が気をつけていても解決することでもないのですが。今回は自分なりにネット上で荒れる原因を考えてみました。

 

 

匿名による安心感

 既に色々な実験で証明されているようなので今更話すようなことでもないのですが、人間は匿名だと通常よりも攻撃的になります。

 

考えてみれば当然ですが、お互い見知らぬ人ですから実生活で反撃を受ける心配もありませんし、最悪の場合はその場から逃げてしまえばいいですからね。(ただあまりやりすぎると過去の発言から別サービスのアカウントを特定されてそこから個人情報を拡散…なんて手痛い反撃を受ける時代ですが)

 

もちろん普段言えなかったりすることを心置きなく発言しやすい、といったメリットもありますがあまりに過激な発言はなるべく控えていきたいですね。(私も余計な書き込みをした体験が何度かあるので気を付けたいです。

 

発言が半永久的に残る

掲示板等の書き込みは基本的に削除依頼を受けない限り残り続けます。

 

現実世界だとある人が悪口を言ったりしても周辺にいる人にしかその発言は聞こえませんし揉めたとしても殆どその日の内に収まるでしょう。

 

ただしネット上だとその発言が後から訪れた人の目にも触れますしその人が感情的になって数日越しに批判し、場が再び炎上したりすることもあります。

 

批判時に発言者の人格否定をしてしまう

 相手の発言を批判するのは自由です。しかし同時に相手自身に対する批判を行ってしまう人が非常に多いです。

 

例えば誰かがこのゲームは〇〇なので面白くなかったと発言する→書き込みを読んだユーザーがお前が下手なだけと批判する

 

好きなものが面白くないと書き込まれていれば反論したくなるのは当然ですがあくまで発言の内容を批判するだけにとどめておいた方が無難です。

 

最後に

匿名に疲れたら実名サービスを利用してみるといいでしょう。

有名なFacebookは実名登録が義務付けられているので不用意な発言はできません。実生活に近い立ち振る舞いを行うことになるので一概に良いとは言えませんが。

 

思い切ってネット断ちをしてしまうのも手です。

ネットの言い争いは基本的に平行線ですから参加しても得られるものは基本的に何もないと思います。だったらその時間を別のことに充てる方が有意義な体験ができます。

 

とは言っても、ネットは楽しいですからそれができれば苦労しませんが。私もネットサーフィンでかなり時間を無駄遣いしているので改善に向けて努力しなければと思いました。