クソニートブログ

自分がニートという立場であることを忘れないためのブログです

瞳シールが削除された時代のBB戦士

最近BB戦士 ダブルオーライザーを衝動買いしました。(ちなみに原作は知りません)

開封して、「この時代のBB戦士は瞳シール付いてなかったなぁ…」とふと思い出しました。現在は復活したのでもうすっかり忘れていましたが。

 

私はコンパチヒーローシリーズをきっかけにガンプラを買うようになったので瞳のないSDガンダムには違和感を感じていました。

 

Gジェネの影響だとは思いますが初めて買ったガンプラでもあるGP-01には瞳シールが付属していたんですよね…よくわかりません

 

一機だけ瞳無しというのも浮いてしまうのでシールに書き足してみました。

f:id:hogepiyo1911:20180513214218j:plain

シールに書いた時はそこそこ手応えを感じていたつもりでしたが実際に貼って組み立ててみると微妙ですね…

 

手順としてはシールに墨入れでアタリをつけ、ガンダムマーカーのホワイトとブラックで瞳部分を塗りました。ガンダムマーカーでそのまま塗るとはみ出す危険性が高いので塗料を出して爪楊枝で少しずつ塗りました。

 

ガンダムマーカーの墨入れペンは割と太くて描きづらいため、コピックモデラーを使用しています。コピックモデラーは0.02とかなり細いため1つは持っておくと役に立つと思います。

 

最近のBB戦士はこんなことをしなくてもシールが付属していますが少し昔のキットを購入した時は瞳シールを自作してみるのもいいかもしれませんね。

 

余談ですがダブルオーシリーズは既にタッチゲートが採用されていたんですね…タッチゲートは綺麗に作るのが難しいので気分転換したくて昔のキットを買ったのに少しがっかりです