クソニートブログ

自分がニートという立場であることを忘れないためのブログです

アルティメットニッパー 感想

ほげぴよです。

ガンプラのゲート処理用にアルティメットニッパーを購入しました。

 

f:id:hogepiyo1911:20180509210453j:plain

当初はもっと早く購入する予定だったのですが、注意事項が多く、刃が繊細なので自分には扱えないと思い購入を見送っていましたが結局必要になったので思い切って買うことにしました。

 

使用した結果、買って正解でした。

 

 

必要になった経緯

私の買うガンプラは殆どSDガンダム系です。このシリーズは子供をターゲットにしているのか、最近は手でパーツを外すことができるタッチゲートが採用されています。

 

一見道具要らずでお手軽な印象を受けますが、実はこのタッチゲートそのまま素手で外すとパーツがたまに抉れることがあるという問題を抱えています。

 

私自身そこまで本格的に作れるわけではないので気にしなければいいのですが、抉れる事実を知ってからなんとなく気になってタミヤの薄刃ニッパーを使用することにしました。

 

ただこのタッチゲート、ゲートが短すぎる上ランナーの丸みで位置がずれてパーツ毎切ってしまうなどニッパーだと余計にストレスが溜まるシロモノでした。

デザインナイフや精密ノコでゆっくり切り取るのも試しましたが時間がかかりすぎるので完全にお手上げ状態でした。

 

こうしてかなりの回り道をしてアルティメットニッパーを購入する決意が固まりました。(初めから買っておけば余計な出費をせずに済んだかもしれません)

 

簡易レビュー

このニッパー、かなり刃が薄いです。そのおかげで短いゲートを捉えて切断することができます。更に片刃構造のおかげか、パーツの白化も目立ちません。

 

切れ味もかなり良く、パチンという音が殆どのパーツで鳴らないので使い心地はかなり良いです。

 

ただランナーの構造上刃が先端しか届かないパーツ(アルティメットニッパーは先端で切ると刃に負担がかかって折れる原因になります)や太いランナーが邪魔しているパーツなど一部は対応できなかったので薄刃ニッパーとデザインナイフでコツコツと処理しました。

 

総評

BB戦士等のタッチゲート採用のプラモデルを組み立てる時はかなりオススメだと思います。もちろん通常のプラモデルでもデザインナイフの手間が大幅に省かれるので買って損はないはずです。

 

5000円以上とニッパーの中ではかなり高額ですが値段に見合った性能を発揮してくれるのでとても良い商品だと思います。

 

ただ一部パーツには非対応だったりするので普通のニッパーと併用して使うのが良いでしょうね。